ここでは脇腹の痛みの原因となる病気、肺炎や肺がんについて詳しく説明しています。

肺炎とは、細菌やウイルスなどの病原体に感染して肺が炎症を起こした状態の事を言います。肺炎には気管支肺炎と大葉性肺炎と間質性肺炎の3つのタイプに分けられます。

肺炎の主な症状は、咳や発熱、胸部の痛みなどがあり、初期症状は風邪とよく似ていても、長期的で風邪と比べて症状が重いのが特徴です。
肺炎は日本では死亡原因の第3位(2011年現在)になるほどの病気で、死亡者全体の約10%を占めています。特に高齢者の方の死亡率は高く、肺炎で亡くなった方の9割以上が65歳以上の方です。


sponsored link




そして肺がんとは、肺に悪性腫瘍が発生した状態です。肺がんには小細胞肺癌と非小細胞肺癌とがあります。小細胞肺癌は悪性度が非常に高く進行も早い為、発見した時には進行癌であることが多く、他の臓器に転移しやすいのが特徴です。
主な肺がんの原因となるものはやはり「喫煙」です。喫煙者と非喫煙者では肺がんの発症率は10倍近く変わると言われています。特に吸い始める年齢が若ければ若いほど、発症率は高くなってしまいます。


このページを見た方は次のページもよく閲覧されているのでおすすめです。次のページでは、脇腹の痛みの原因となる気胸や肺気腫という病気について詳しく説明しています。

⇒ 気胸・肺気腫


TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
wakibaranoitami★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。