ここでは脇腹の痛みの原因となる病気、腎炎や腎結石について詳しく説明しています。


腎炎とは糸球体腎炎のことで、腎臓内の糸球体に炎症がある状態です。腎盂炎と腎盂腎炎は同意語で、腎臓と尿管の接続部分の腎盂に炎症がある状態です。

腎疾患の主な症状は背中から腰の辺りの痛み、血尿のやタンパク尿、高血圧などがあります。腎不全になると、血液中の不要物が尿に濾過することが出来なくなるため、腎臓の機能を人工的に代替する「人工透析」という治療が必要となってしまいます。


sponsored link




尿路結石と言う言葉がありますが、そもそも泌尿器の中に「尿路」という組織はありません。尿路とは尿の通り道すべてを総じて呼びます。したがって、尿管や尿道はもちろん腎臓の出口や膀胱も尿路に当てはまります。
そしてこの尿路の中で何かしらの原因により結石が出来てしまうことが、「尿路結石」というわけです。尿路結石には、腎結石、尿管結石も含まれます。

これら尿路結石の主な症状は、そのほとんどが腹部や背部の激痛を引き起こします。他には冷や汗や吐き気、発熱や血尿なども伴うことがあります。あまりに激しい痛みで立てなくなる人がいるほど、という想像しただけでもゾっとする痛さです。


このページを見た方は次のページもよく閲覧されているのでおすすめです。次のページでは、脇腹の痛みの原因となる肝炎や肝がんなどの肝臓の病気について詳しく説明しています。

⇒ 肝炎・肝がん


TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
wakibaranoitami★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。