ここでは脇腹の痛みの原因となる病気、狭心症や心筋梗塞について詳しく説明しています。

狭心症とは、心臓の筋肉に酸素を運ぶ冠動脈に異常が発生し、一時的又は慢性的に心筋に必要な血液とそれに含まれる酸素が十分供給されない為に、胸の痛みなどの症状が現れる病気です。主に心臓に血液を送る冠動脈の血管が、動脈硬化などによって内腔が狭窄されることが直接の原因となっています。狭心症の症状の特徴は、胸を締め付けられているような強い痛みがあることです。症状の出方も発作のように突発的なものです。

心筋梗塞とは、心臓の筋肉に酸素を運ぶ冠動脈が完全に閉鎖して心臓の筋肉が壊死してしまった状態を言います。狭心症の進行した状態であると言えます。心筋梗塞に伴って起こる胸部の痛みは、心臓から背中にかけて圧迫されるような息が詰まるような鈍痛として感じられます。


sponsored link




胸部だけでなく、背部、左肩、左腕、首、みぞおちなどに痛みを感じることもあります。しかし、心筋梗塞の痛みは激しいので、痛みが気になるというよりは呼吸も乱れ意識も朦朧としていることが多いでしょう。出来るだけ早急な対応が求められます。


このページを見た方は次のページもよく閲覧されているのでおすすめです。次のページでは、脇腹の痛みの原因となる胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの胃腸の病気について詳しく説明しています。

⇒ 胃・十二指腸潰瘍


TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
wakibaranoitami★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。