ここでは両脇腹の痛みについて、詳しく説明しています。

両方の脇腹が痛む場合に考えられる病気も色々とあります。基本的に両脇腹が痛い場合には、左脇腹の痛みも右脇腹の痛みもどちらの原因も含めて可能性があると言えます。

消化器系疾患であれば主に胃炎や胃潰瘍十二指腸潰瘍などの胃腸の病気か、膵炎膵臓がんなどの膵臓の病気がまず疑われます。痛みが鋭く激しい場合や、高熱や尿の濁りなども見られるのであれば、腎炎腎結石などの腎臓の病気も考えられます。胸部や腹部全体も同時に痛む場合は、胸膜炎や腹膜炎などの可能性も考えられます。


sponsored link




両脇腹が痛む原因には、左脇腹の痛み右脇腹の痛みもどちらの原因も含めて可能性があると考えていいでしょう。症状の程度や現れ方、触診、その後のCTやレントゲンなどの検査を全て踏まえた上でどんな病気なのかを特定することが重要です。同じ脇腹の痛みといっても、病気が違えば治療法も全く異なってきますので、まずはしっかりと病気を特定しその病気に適した治療を受けるようにしましょう。


このページを見た方は次のページもよく閲覧されているのでおすすめです。次のページでは、左脇腹や右脇腹の痛みについて詳しく説明しています。

⇒ 左脇腹の痛み

⇒ 右脇腹の痛み


TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
wakibaranoitami★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。