ここでは脇腹の痛みの原因となる病気、膵炎や膵臓がんについて詳しく説明しています。

膵炎とは、膵臓に炎症が起こった状態のことを言います。胃から十二指腸へと送られてきた消化物は、十二指腸に送られてくる膵臓で作られた膵液と、肝臓で生成され胆嚢で濃縮されて送られてくる胆汁によって、その先の小腸での消化吸収を促進する為の消化がされます。膵液は本来正常であれば消化物のみを消化するのですが、膵炎の場合では自身の膵臓を消化してしまい、膵臓に炎症が起きるものです。

膵臓がんは膵臓が癌細胞に冒されてしまった状態で、膵臓のどの部分に発生するかで「膵頭部癌」、「膵体部癌」、「膵尾癌」と呼び分けられます。膵臓がんは強い浸潤性や転移能があり、発見が遅れやすく死亡率が高い非常に厄介な癌とも言われています。


sponsored link




膵炎の治療は絶飲絶食と絶対安静が原則で、同時に輸液投与も行います。発症時は体の水分が失われることから、例え軽症であっても十分な輸液投与を行う必要があります。胸部や腹部の痛みに対しては鎮痛剤を投与します。重症の場合は集中治療室での全身管理も必要となるほど重篤なケースも少なくありません。


このページを見た方は次のページもよく閲覧されているのでおすすめです。次のページでは、脇腹の痛みの原因となる腎炎や腎結石などの腎臓の病気について詳しく説明しています。

⇒ 腎炎・腎結石


TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
wakibaranoitami★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。